私の得意なもののひとつに、PCやタブレットのシステム的な修理が得意なことです。
私としては文系の胸としていたのですが、どうしても理系の胸だったようで、
簡単な電気ものの修理はもちろんPCやタブレットのシステム的な修理は全然説明書を見ずに
やってのけます。
基本的には、我々はセーブに困った時は解説や「困った時は?」という条目を見ない人類で、
「これかな?」と思えるところは、その該当するディスプレーを開けてみて、セーブをしてやると、
ほとんどは直ります。結構困った時は、説明書をサッとみますが、よっぽどのことがない以上、
メーカーに電話して「教えて下さいー」って助けを求めることはありません。
うちのルールでここまでの理系頭はお家の父さんか兄しかいませんが、父さんはとってもPCのシステム的なことは
Noで、兄はメソッド程度だんだん操作してNoとして仕舞う集まりだ。
我々は、メソッド程度後日はセーブはせず、慎重に探究してみて「分」を捜しあてるタイプなので、
ちょこっとまた兄とは違います。
再度システム的な記帳を勉強していたら、はからずも、世紀の大分析を通じていたかもって時に考えます。即日 キャッシング